ひかり電話や電話加入権を素早く利用するために必要なステップ

電話

気になる通信サービス

ひかり電話とは一体なんなのか

電話

ひかり電話はインターネット回線が必要なので、自宅にインターネット回線を引かなければ利用できません。また、そのインターネット回線も光回線でなければいけませんし、フレッツ光の契約が必要です。ですが、ひかり電話は、現在使っている電話回線の電話番号をそのまま移行して使うことができますし、電話回線の電話に加入していない人でも利用ができます。電話回線の電話から移行する場合は、加入電話を休止することが出来るの料金が重複する心配もありません。また現在使用している電話機器もそのまま使えます。接続機器が必要になりますが、レンタル提供されるので問題ありません。ただし、ひかり電話では114など一部利用できない番号があるので注意してください。

お得に利用する方法はあるのか

通話料が安いと言っても、ひかり電話のためだけに光回線をひくのはもったいないです。フレッツ光等の使用料金もかかりますので、パソコン等でインターネットを使う人がオプションでひかり電話のサービスを利用するのが一般的です。ひかり電話の契約に関しては、NTTのみでなくインターネットのプロバイダーやひかり電話の代理店といった所でも契約することができます。こういったところでは、キャッシュバックというサービスを行っていて現金が数万円程度還元されることがあります。ただ、そのサービスを逆手にとって不要なオプションの加入を勧めたり、月額使用料が高くつくケースもありますので注意が必要です。ひかり電話の導入をお考えの方は、これらのことを頭に入れて比較検討して契約を決めて欲しいと思います。

中古販売を利用

電話

ビジネスホンを購入する際は中古販売業者で購入するとお得に購入する事ができます。購入する際には設置工事などもしっかりと行なってくれる様な業者で購入するとコスト削減になるので良い業者を探しましょう。

固定電話を利用する

電話 固定電話を利用するためには、電話加入権と呼ばれる権利を取得する必要があります。電話の住所とも言える電話番号は、電話加入権の取得でしか発行できない事が理由の一つです。

高速回線で快適

インターネット

誰もが気軽にインターネットを使用する事が出来る様になった現在ではストレスなくインターネットを楽しむ事が出来る環境が求められています。ひかり電話などは高速回線となっているので快適なネット環境を実現してくれます。